西川建設 福田です。

 

4月20日(木曜日)

最近、照明やカーテン・家具でお世話になっている

丸亀市にある『CONNECT(コネクト)』さんで

ルイスポールセンのセミナーに参加してきました。

 

 

普段、なかなか聞く事の出来ない

ルイスポールセンに関わるいろいろなお話。

特に照明に対する考え方が素晴らしいです。

 

PH5の照明器具をデザインした、ポール・ヘニングセン。

 

ポール・ヘニングセンは

『形から作っている照明ではなく、機能的で光が美しく見えるように考えた』

と言う、PH5。

この照明器具を考えたのが1958年。

素晴らしいの一言です・・・。

 

そして、

『建築のデザインやフォルムも大切だけど、機能の追及と合理的な理由が必要だ』

とも言っていたそうで

機能の追及・・・快適,安心・安全,長持ち,省エネ,健康,間取り,デザイン

合理的な理由・・・耐震等級3,長期優良住宅,パッシブデザイン,高気密・高断熱,家事動線,ムダのない間取り

などなど

今、西川建設として建てている家づくりと似ていると感じました。

 

 

セミナーの後は、3月にリニューアルした

ショップとショールームをみせていただきました。

 

 

 

 

いろんな色の【PH5】

やはりホワイトが個人的には、好きです。

 

 

 

【LCシャッターズ】と言う、照明。

こちらも雑誌やテレビでよく見かけます。

 

 

今、自分の中で一番欲しい【エッグチェア】

座り心地がスゴクいいんです。

 

 

 

 

 

 

その他、有名なデザイナーのソファやイス・テーブルがたくさんあり

見ているだけで、本当に楽しい空間でした。

 

これからは、お家だけではなく

家具や照明もドンドンとご提案できるように勉強して

北欧のお家のような、くつろげる心地よい空間を考えて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西川建設 福田です。

4月19日(水曜日)

雨の為、延期になっていた妻鳥町I様邸の上棟がありました。

 

月曜日の雨が嘘のように、快晴です。

 

 

 

今回のお家は、平屋の26坪なので

いつもよりスピーディーに作業が進んで行きます。

 

 

お昼までには、スーパーウォール工法の屋根の断熱パネルまでが完了しました。

 

 

屋根パネルに反射され太陽光が眩しすぎて

暑さも倍増です。

その分、お家の中は快適です。

 

 

 

パネルの継手もキチンと気密テープを貼って

隙間はウレタンを注入して、一つ一つ丁寧に処理をします。

この地道な作業なくしては、気密の数値(C値)は0.5を切ることはできません。

よく子供にも言いますが、何事も積み重ねです。

 

 

 

 

屋根の下地板は、もちろん合板ではなく

本物の杉板です。

杉板の材料はそんなに合板と比べても価格は変わりませんが

板を張る作業が大変なんです。

昔の建物は、屋根下地と言えば杉板でしたが

ハウスメーカーを含めほとんどの工務店も合板に変わってきました。

が、西川建設としましては見えない所にも

こだわりと安心してもらえ、耐久性のある材料を使っていきます。

 

と、屋根下地まで完了。

そして、上棟式。

 

 

 

 

本日は、上棟おめでとうございました。

これから完成まで、安全に作業を進めて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西川建設 福田です。

4月9日(日曜日)

先週に引き続き雑誌の撮影をさせて頂きました。

今回は、2月に完成見学会をさせて頂いた

『公園の景色をとりこむスキップフロアと吹抜リビングの家』です。

 

 

 

L型に配した、キッチンカウンターはとっても便利だそうです。

キッチン越しに様子も見えて、いい感じです。

 

 

 

 

寝室も落ち着いた感じに仕上がっています。

奥の書斎からは、窓越しに公園の桜が見えました。

 

 

しかも、満開。

羨ましい景色ですね。

 

 

 

 

2階のフリースペース。

こちらからも、窓越しに公園の桜がみえます。

 

 

 

いつも綺麗にカッコよく撮ってくれるカメラマンさん。

今回のアングルも、もちろんバッチリです。

 

 

 

こちらも、いつもお施主様の声を細かく聞いてくれる

ライターさん。

上手に聞き出してくれます。

 

今回の雑誌は

4月末に発売予定の『住まい情報えひめ』の小冊子スマイルです。

 

表紙にも採用されるので

ぜひ、見てください。